このページについて

メニュー表示にjavaスクリプトをを使用してます。サブメニューが表示されない場合、情報バーの「ブロックされているコンテンツを許可」を選ぶと、サブメニューが表示されます。


toppage

農大二高吹奏楽部について    校長 村 清司

 本校吹奏楽部は、部員約150名です。その部員たちは、毎日朝早くから登校して授業前の個人練習に取り組み、さらに夜遅くまで続く放課後のパート別あるいは全体練習を一生懸命こなしてきました。また夏休みには広い練習場を求めて遠くまで足を延ばし、さまざまな場所を借りながら苦心して練習を行ってきました。
 古くからアメリカでは学校教育や社会教育に吹奏楽が積極的に活用され、その教育的意義が高く評価されています。そのため、吹奏楽の指導者には、演奏や演技の技術面を教えるだけでなく、音楽を通して豊かな情操を育み、仲間と協調して音楽を人に伝える喜びを教えることも求められます。現在、本校の吹奏楽部は、樋口一朗教諭、星野昌一教諭、中村美絵教諭の3名が顧問として生徒指導に当たってくれています。3人ともよく勉強し、とても熱心に生徒を指導してくれています。その成果は毎年立派に開花し、生徒たちが素晴らしい演奏・演技を披露してくれています。
 わが国ではマーチングに取り組む団体は決して多くありません。それは、広いスペースが必要な練習場の確保が難しいことや、楽器やコスチュームなどに費用がかかり過ぎるという問題があるからです。そのような難しい問題がある中で、本校の吹奏楽部が積極的にマーチングに取り組むことができるのは、保護者ならびに地域の皆様のご理解とご支援があるからにほかなりません。あらためて保護者ならびに地域の皆様に心から御礼申し上げます。


吹奏楽部について    顧問 樋口一朗

 部員数がおよそ150名いる中で、吹奏楽とマーチングの両立は非常に苦しいものがあります。部員数の多い他の学校は、吹奏楽活動とマーチング活動を別々のチームで行うところがありますが、私の考えとしましては、全員が吹奏楽にもマーチングにも参加し、全員が「レギュラー」として切磋琢磨できる環境を作りたいと考えております。実際にはマーチングは全員参加が可能ですが、吹奏楽コンクールですと55人という人数制限があります。ここでは上級生を優先するのではなく、完全オーディション制をとり、1年生からメンバーに選ばれる生徒も毎年おります。その中で、私たち顧問団は生徒全員が他者の気持ちを考え、行動できるチーム作りを日頃から心がけ、生徒たちもその考えを理解した上で自分のやるべきことをしっかりと考えながら行動してくれています。目先の結果だけにとらわれず、全員がお互いを支えながら大好きな吹奏楽やマーチングの練習に励む。ギスギスした人間関係ではなく、本当に穏やかに、かつ全員が同じ目標を持って前進できているのも、生徒たちのおかげであります。
 また、吹奏楽部のコンセプトとして、地域に根付いたバンドでありたいという事も挙げられます。地域の小学校でのマーチング演奏、県主催のイベントでのファンファーレ隊や吹奏楽隊としての参加等、地元高崎はもとより、群馬県の様々な所から出演依頼が毎年あります。今年度もすでに、高崎市内の小学校での招待宴奏などの依頼が数多く寄せられています。毎年12月に開催している定期演奏会では、多くの方々からご声援やご支持をいただいております。昨年は悲願のマーチングバンド全国大会に出場することもできました。これも日頃の農大二高吹奏楽部の活動に、多くの地元群馬県の方々のご支持があるからこそ、私たちの活動ができているのであると、心より感謝しております。

▲このページのトップへ


お知らせ

▲このページのトップへ


更新日

新規開設 2010/04/29


NBについて 更新日
 └活動予定 更新日

活動履歴 更新日
 ├定期演奏会 更新日
 ├マーチングコンテスト 更新日
 └吹奏楽コンクール 更新日

その他 更新日
 └掲示板 更新日


アクセス記録

▲このページのトップへ



Last updated:更新日