NBについて

農大二高吹奏楽部の生い立ち

昭和37年4月14日に農大二高開校とともに創部され、昭和38年熊井先生を顧問に迎え、農大二高吹奏楽部の歴史は始まりました。

2001年から、熊井先生の後任として、樋口先生が顧問を務めています。

以降昭和40年の第1回定期演奏会をかわきりに、昨年までで57回の演奏会を重ねてきました。

マーチングコンテストにおいては、昭和63年の第1回大会より出場しており、全国大会へも毎年出場しております。(3年連続の翌年をのぞく)

あらまし
1962(昭和37) 創部
1965(昭和40) 第1回定期演奏会
甲子園出場を記念して市内パレード。ドリルの第一歩となる
1967(昭和42) 第6回定期演奏会でステージドリル登場
1968(昭和43) 関東吹奏楽コンクール初出場
1969(昭和44) 火災により部室消失
1975(昭和50) 関東吹奏楽コンクールで初の金賞を受賞
1983(昭和58) あかぎ国体に参加
1988(昭和63) 第1回全日本マーチングフェスティバルに出場し、最高賞である優秀賞を受賞。
1991(平成3) OB金管バンド(現在のThe NOB Takasaki Brass Band)、結成
1993(平成5) 第6回全日本マーチングフェスティバルでグッドサウンド賞を受賞。
この年、コンテストの部・フェスティバルの部全ての部門で賞を独占
2001(平成13) 創部時より部の発展にご尽力いただいた熊井正之先生、退任
現顧問・指揮者 樋口一朗先生、就任
2004(平成16) 第17回全日本マーチングコンテスト フェスティバルの部「金賞」
※この年から大会名が変更になった
2007(平成19) 第20回全日本マーチングコンテスト「金賞」
※この年からパレードコンテスト部門のみに一本化
第31回全日本アンサンブルコンテスト 打楽器八重奏「銀賞」
第50回定期演奏会 2日連続3回公演を実施
2008(平成20) マーチングバンド・バトントワーリング協会大会に初出場
第43回関東大会で金賞受賞
2010(平成22) 第53回定期演奏会 公演回数を追加し、2日連続4回公演を実施
2011(平成23) 東日本大震災発生 チャリティーイベント実施
2012(平成24) 創部50周年
第55回定期演奏会 55回を記念し、5回公演実施
2013(平成25) 第26回全日本マーチングコンテストに第1回目から連続出場
※3年連続出場した翌年は出場できない規定廃止
2014(平成26) 第27回全日本マーチングコンテストに第1回目から連続出場
マーチングバンド協会大会の全国大会初出場
 第42回マーチングバンド全国大会で銅賞受賞

※ 第4回〜第25回の間、3年連続出場した翌年は出場できない規定が設けられ、平成6、10、14、18、22年は出場していない。

▲このページのトップへ

顧問紹介

顧問:樋口 一朗 (ひぐち いちろう)

教科:音楽

1962年 高崎に生まれる
1981年 東京農業大学第二高等学校卒業
1987年 武蔵野音楽大学音楽部声楽科卒業
現在  東京農業大学第二高等学校教諭

2009年 ヤマハ コラム&インタビュー 執筆

これまでに、声楽を渡辺恭夫、原田茂生、田口宗明の各氏に師事。
トランペットを関根剛二、森重修実、北村源三の各氏に師事。


副顧問:星野 昌一 (ほしの しょういち)

教科:化学

担当:司会・副指揮・大道具/小道具製作


副顧問:中村 美絵 (なかむら みえ)

教科:英語

担当:会計

▲このページのトップへ


Last updated: